HOME

現在の診察待ち状況

診療案内

院長紹介

院内ご案内

トピックス

  トピックス
当院では急性中耳炎・滲出性中耳炎の鼓膜切開を最新の炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)による鼓膜開窓術を
行っております。



      炭酸ガスレーザ(CO2) 鼓膜切開(開窓)装置

中等度から高度の急性中耳炎、滲出性中耳炎に対して鼓膜切開術が行われます。これは鼓室(鼓膜の奥の部屋)に
貯まっている膿や滲出液を出す目的で行われるものですが、液が抜けた後もしばらく鼓室の粘膜のむくみが残り
排液は続きますので、一定期間切開した穴が開いていることが望まれます。鼓膜切開刀で行われる鼓膜切開では
約3日ほどで穴は閉じてしまいます。

これに対し炭酸ガスレーザーによる鼓膜の開窓では約1週間から3週間穴が開いており、そのため中耳炎の治療期間と
抗生物質の使用期間を短くすることができます。抗生剤使用期間の短縮は薬への耐性菌出現のリスクを減らすことが
できると考えられます。

中耳炎の炭酸ガスレーザー治療器OtoLAMはイスラエルの世界最大の医療用レーザーメーカーであるルミナス社の開発した
最先端レーザー治療装置です。200ミクロンという非常に細いレーザー光をコンピュータ制御で精密に超高速で
スキャンすることにより、出血はほぼなく瞬間的に任意の大きさにシャープできれいな円形の穴を鼓膜に開窓を
することができます。

穴が開く瞬間「ぽん」という大きな音が聞こえますが、内耳への影響はなく安全に鼓膜の開窓をすることができます。
穴が閉鎖した後も症状が再発する場合はOtoLAMを何度でも安全に再施行できます。
実施料金は通常の鼓膜切開刀で行う鼓膜切開術と同じ料金です。

瞬時に安全に正確に鼓膜を開窓を行うことが出来ます。
レーザー照射時間は0.05〜0.34秒です。
鼓膜は約3週間中耳の換気をしながら徐々に閉鎖します。
症状が再発する場合には何度でも安全に繰り返し治療を行うことができます。



サイトメニュー │ HOME │ 現在の診察待ち状況 │ アクセス・診療案内 │ 院長紹介 │ 院内ご案内 │ トピックス │
 Copyright (C) 2008〜 ちば耳鼻咽喉科クリニック All Rights Reserved.