HOME

現在の診察待ち状況

診療案内

院長紹介

院内ご案内

トピックス


【睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは】
 睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、寝ている間に気道が何らかの理由で塞がってしまい、呼吸が止まってしまう疾患です。日本人における睡眠時無呼吸は300万人とも400万人とも言われています。
 この病気は、日中の眠気、熟睡感のなさなどの他、糖尿病、高血圧、心臓病や脳血管疾患にかかるリスクが大きくなります。
 睡眠時無呼吸症候群(SAS)は様々な合併症を引き起こす深刻な病気ですが、適切な治療を受けることで劇的に改善する病気でもあります。できるだけ早く診断し、治療を始める必要があります。






睡眠時無呼吸症候群について(PDF)
ここでは、睡眠時無呼吸症候群の定義・重症度、主な症状、種類と原因、合併症、
 交通事故への影響、検査から治療までの流れ、などについて解説しています。

※フクダ電子株式会社
 「睡眠時無呼吸症候群の検査から治療まで」「在宅CPAP療法ガイド 持続式陽圧呼吸療法」より




アレルギー舌下免疫療法については下のバナーからご覧ください。
アレルギー舌下免疫療法


 
サイトメニュー │ HOME │ 現在の診察待ち状況 │ アクセス・診療案内 │ 院長紹介 │ 院内ご案内 │ トピックス │
 Copyright (C) 2008〜 ちば耳鼻咽喉科クリニック All Rights Reserved.